誰も教えてくれないテクニカル英文和訳
First Step
4.4 レンチに関する留意点
英で同じ名称でも違うものを指す場合がありますが、ボックスレンチもその1つです。

英語の Box wrench は、日本語で言うところの「メガネレンチ」を指します。「メガネレンチ」は「リングレンチ」とも呼ばれます。
この「メガネレンチ」は英語では Box wrench の他に、 Box-end wrenchRing wrench とも言います。

一方、日本語で「ボックスレンチ」と言うと、この「メガネレンチ」ではなく、英語で言う Ratchet & Socket、 厳密に言えば図のような SocketHandle が「一体化」したものを示します。 特に技術者はほとんどこの意味で使用しています。 ラチェット&ソケットの場合、柄の部分が Ratchet で、Ratchet handleRatchet drive などとも呼ばれます。 ボルトを保持する部分が Socket です。日本語では「コマ」とも呼ばれています。 この RatchetSocket を合わせて「ボックスレンチ」と呼ぶこともあります。

では、図のような「ボックスレンチ」を英語では何というでしょうか。 これは Special wrench に分類され、形状によって Y-type wrenchL-type wrenchCross-rim wrench などと呼ばれます。 (図は Y-type wrench)また、ジャッキに使用するものは Lug wrench と呼ばれ、Single-shaft typeCross-shaft type があります。

上記のように Box wrench とボックスレンチは、ともにボルトの脱着に使用する工具ではありますが、形状や使用法は大きく異なっています。 翻訳する場合は、注意が必要です。

ただし、アジアの国で書かれた英語の場合、 Box wrench がそのまま「ボックスレンチ」を意味する場合もありますし、 逆に海外製品の場合、 Box wrench を直訳して「ボックスレンチ」と読んでいる場合もあります。 つまり、使う人によってその概念はさまざま、といった状態なのです。 したがって、翻訳時には、図や使用方法などで随時確認する注意深さが必要です。

(実際の書籍には図入りで説明してあります。)

閉じる